Curriculum カリキュラム

Curriculum

数学

数学

数学を使いこなすスタンダードを身に付け
自力解決能力を高める

 
次の4コースは、標準的な目安として示しています。個人個人の学習歴に応じて、最適な段階から始めます。

【数学入門】(中学1~3年)

 ・ 算数の世界から体系的な数学の世界へ移行します。
 ・ 小学校高学年からゆっくり始めることも可能です。
 ・ 習熟度に応じて、やや難しい問題にも挑戦します。

<備考> 正しく学習すれば、数学は算数よりずっと易しいと感じるでしょう。逆に算数が得意だった人が困難を感じる場合もあります。頭のリセットボタンを押して、新しい気持ちで丁寧な学習を心がけましょう。

【数学初級】(高校1~2年)

 ・【数学入門】を終えた人々は、年齢によらず参加できます。
 ・ 高校1~2年生の微分積分以外の範囲を通して学びます。

<備考> 高校数学では微分や積分の難しさが強調されがちですが、その前にベクトル、複素数、ガウス平面など、多くの抽象的な概念を習います。これらは理系分野の基本的な道具です。何のためのものか、何をやっているのかを理解することが重要です。

【数学中級】(高校2~3年)

 ・ 微分積分に習熟するための集中トレーニングコースです。
 ・ その他に、数式を扱うスタンダード全般を身に付けます。

<備考> 高校数学で習う範囲の微分積分学を、まとめて系統的に学びます。理系に進むための中核的なコースと言えます。

【数学演習】(高校3年~)

 ・ 大学入試問題とその改題を用いて、質の高い演習を実施します。
 ・ セミナー・添削指導・確認テストのサイクルで進めます。

<備考> 確認テストは、理解が不十分だったポイントを知る重要な機会です。多くの人が、なかなか1回では合格しません。一連のサイクルによって、難問でも自分の力で解きほぐし、解決まで持って行けるように、思考過程を鍛えましょう。ブログに関連記事がありますので、ご一読ください。

【数学上級】(高校3年~一般)

 ・高等学校の数学の不足を補い、1変数の微積分を完成させます。
 ・物理学で用いる裏技計算など、実用に重宝な知識を紹介します。

1変数の関数に限れば、微分積分学は高校数学でほぼ終了していますが、抜けている部分が若干残ります。これがしばしば大学教育で躓きの原因となりますので、大学の数学へスムースに移行できるように、これを補います。大学の入学試験でも役に立つ部分があるでしょう。

カリキュラム一覧