Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//英語4 コミュニケーションのための英語学習 Ⅳ: 導入期はいつ終わるか?

科目別アドバイス(英語)

英語4 コミュニケーションのための英語学習 Ⅳ: 導入期はいつ終わるか?

 

ところで英語学習の場合、導入期とは、どの程度までの期間を指すのでしょうか?


この期間は、「英語2」の記事に書いたように、「英語が言語野に正しくマウントされるまで」と考えれば良いでしょう。言い換えれば、「文章の基本的な構造が感覚として身に付くまで」です。中学校終了時、あるいは高校1年生の中頃までの内容が、ひとつの目安になるでしょう。


終わるのではなく、終わらせる


実は日本の伝統的な英語教育は、導入期の教育方法が良くありませんでしたが、その教育内容は優れていました。日本の中学英語の教科書を見た英語圏の人々は、「日本人は、これだけしっかりした英語教育を受けているのに、なぜ話せないのだろう」と不思議がります。多くの外国人にとって、データのダウンロードとプログラムのインストールが切り離されたような言語教育は、理解が出来ないようです。


これは「英語3」の記事に書いたように、かつて英語学習が「英文解読学」の方向へ向かってしまったことが原因です。言語野を全く使わない学習が、日本中に定着してしまったのです。そのルーツは、江戸時代以前の漢文の学習にあると言われていますが・・・


そして、今は早期教育熱の高まりを背景に、別の要因が加わり始めているようです。低年齢化とともに、前回の記事に書いたように「易しい導入」の傾向が強くなり、これが、言語野を起動させてもスリープ状態に置く学習を定着させそうな気配です。


そもそも、中学校教科書のレベルをきちんと習得しようとすれば、正しい学習はかなりハードにならざるを得ません。敢えて言い切ってしまうと、中学校レベルの英語を、実際の会話の速さで聴いて理解し、また(ほぼ正しい発音と普通の速さで)話すことができるなら、英語圏で生活しても、日常生活では殆ど困りません。英語は言語野に正しくマウントされつつあると言えるでしょう。


これがかなり高いハードルであることは、英語を学習するにあたり、最初に自覚しておくべきです。高いハードルを越えるためには、前回の記事に書いたように、正しい学習が必要です。そして、恐れないことが重要です


難しいに違いない・・・と恐れ、慣れ親しむだけの学習に終始すると、「英文解読学」の方がまだしも・・・という結果になりかねません。実際に、学校教育がコミュニケーション英語の方向へ舵を切って以来、大学生の英語読解力の低下が、非常に心配される状態になってきました。様々な表現が雑然と記憶されているだけで、言葉の成り立ち(構造)が系統的に理解できていないのです。


「導入期はいつ終わるか」と表題に書きましたが、実際のところは「いつ終わらせるか」です。慣れ親しむだけであれば、永久に終わりません。日本の学校教育と並行して、無理なく実行できるプランを提案するとすれば、私は導入教育は集中的に、2年間程度でしっかり終わらせることが望ましいと思います。ちなみに、移民を多く受け入れている英語圏では、これを数か月で達成するような外国人向けのプログラムを組んでいます。


 


 

終わらせた後に、洗練させる


ただ、「ここで英語のマウントが終了した」という明確な境界はありません。軌道に乗ったという感覚を得ることは重要ですが、論理的には正しくても、不適切な表現は無数にあります。どのような場合にどのような表現が適切かは、経験を積みながら、一つ一つ学んで行くしかありません。それによって徐々に、英語が自分にとって自然な言語になって行きます。


これは子供が母国語を学んで行く場合と同様で、個人の人格形成とも切り離せないプロセスです。話し方や表現には個性があり、人それぞれです。中学校レベルの英語を使いながら、正しい方向を崩さず、次第に表現や語彙を豊かにして、自分が理想とする「洗練された英語」に近づける努力が必要です。


                                                                                             
SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧