Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//1.理系のパスポート

研究職を目指す方々へ

1.理系のパスポート


私はHomeのメッセージに、理系の学部を卒業した後、8割の人は大学院へ進学すると書きました。さらに、理系を選ぶことは研究する人生を選ぶことである、と書いていますが・・・

ただ、大学院を修士課程で終えるか、博士課程まで進むかは、その後に目指すキャリアによって変わります。

今のところ、企業の研究・開発職を目指す場合は、修士課程で終える人々が多いようです。 しかし私は、海外の状況を見る限り、先端産業の研究・開発職では、次第に博士課程修了が標準になってくる可能性が高いと考えています。これから理系に進学する人々は、このような社会の変化に対応する準備が必要でしょう。

ボーダーレスな国際社会では、必要な資格や基準が統一される方向に向かいます。ヨーロッパの多くの国々では、大学院とは基本的に博士号を取得するためのコースであり、日本や米国のような、修士という中間的なコースは余り見かけません。将来的に日本の修士号は、ヨーロッパのディプロマと同等に扱われるようになると、私は予想しています。これは学部の「正規卒業」の証明で、日本の「卒業研究」を拡大したようなものです。単位だけ取得し、ディプロマを取得せずに終える人が多く、私の知る範囲では Diploma Thesis は、ほぼ日本の修士論文と同レベルです。提出できるまでの就学年数としても、同程度の期間を要します(ただし英国の学制は例外的で、この枠に当てはまりません)。

日本国内においても、アカデミックな研究機関の就職には、50年も昔から、博士号の取得が事実上の必須条件になっていました。そして国境を越えて職を得る上で、博士号は研究者のパスポートとして機能していました。

最近では、学問的な基礎研究から企業の開発の現場まで、理系の職場は相互の関連性と流動性を強めています。この点につきましては、また別の記事で御紹介いたしますが、そのような世界では、博士号は近い将来、アカデミックな世界だけでなく、先端技術分野の共通のパスポートとなる可能性が濃厚です。

現在、日本のパスポートを所持していれば、世界中のどの空港でも客人として丁重に扱われ、私達は安心して旅をすることができます。同様に、幸いにも日本の博士号は、国際社会で高い信用度を保っており、理系人が安心して国際的に活躍できる環境が用意されています。


SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧