Blog ブログ

Blog

HOME//ブログ//英語2 バイリンガルは存在しない?-Ⅰ

保護者の方々へ

英語2 バイリンガルは存在しない?-Ⅰ

「貴方の母国語(mother tongue)は何ですか?」と聞かれ、答えに窮する人々は、国際社会では珍しくありません。そのような人々は、通常バイリンガルと呼ばれています。日本では2つの言語を自由に使い分ける人は、そのように呼ばれることがあるようですが、これは言語学的なバイリンガルの定義ではありません。


バイリンガルとは?


やや昔になりますが、「真のバイリンガルは存在しない」という学説を紹介したテレビ番組がありました。自分はバイリンガルであると主張する人も、言語学的な検査を慎重に行うと、必ず主言語と副言語に分かれている、というのです。


内容を私流に解釈してダイジェストすると、真のバイリンガルと言うのは「パソコンに2種類のOSが同時にインストールされたような状態」を指すが、これは実際には存在し得ない、ということのようです。つまり1台のパソコンに、Mac とWindowsの2つのOSを同時にインストールできないのと同様です(番組ではパソコンの例は出していませんでしたが)。


Macの製品のパソコンを購入し、MacのアプリもWindowsのアプリも使えるようにすることは可能です。ですが、この場合、両方のOSをインストールするのではなく、WindowsのエミュレーターをMac の上にマウントし、Windowsのアプリをその上で動かします。この場合、最終的な処理はMac のOSが行っています。


また自分は2つの言語を使い分けるが、主言語がどちらであるかは自覚している、という被検者が、実際に検査すると、本人が副言語と思っていた方が実は主言語であった、という例も紹介されていました。


どこを目指せばよいか


「バイリンガルを目指そう」というのは、英会話教室のキャッチフレーズに良く使われますが、「それは存在しない」と言われては、がっかりです。


言語学上のバイリンガルでなくとも、2つの言語を不自由なく使い分けられれば良い訳ですが・・・何処からが「不自由はない」と言えるのかが、また難しいところです。


とりあえず私は、「過度の精神的な負担を伴わずに副言語を使える」というところで良いと考えています。実際に非英語圏の国々の英語教育は、この辺りを目指しているように思えます。


良く考えると、「過度の精神的な負担を伴わずに」というのも、母国語ですら、なかなか難しいところですが・・・


(Ⅱに続く)

SHARE
シェアする
[addtoany]

ブログ一覧